当クリニックを初めて受診されるお子さんの

保護者の方へ

子供たちにとって、歯医者さんは恐怖の時間です。 無理やり口を開けられて、押さえつけられて、痛い事や怖い事をされる…

「今やらないと、もっと痛くなるよ!!」必死に頑張って治療したはずなのに、またすぐ痛くなって…こんな事を繰り返せば、大人だって歯医者さんは嫌いになると思います。歯医者さんで怖い思いをすればするほど、子供たちは歯医者さんに行くのを嫌がります。すると、

という悪循環を起こしてしまいます。つまり、子供と歯医者さんの関係は“最初のイメージが肝心”なのです。

当クリニックのモットーについて

いかに子供たちにとって、歯医者さんは嫌なところではなく、楽しくて来たくなる所だとイメージを持ってもらえるかが大事なのです。実際に定期的に歯医者さんに通い、定期検診や予防処置を受けている子供は、大幅にむし歯が少なく、医療費がかからないというデータがあります。

当クリニックでは、少しでも子供たちと仲良くしたい、歯医者さんを好きになってもらいたい、そして健康な歯を守ってもらいたと考えています。このため、歯医者さんが初めてのお子さんや、歯医者嫌いのお子さんの受診の場合、少し他の歯医者さんとは違う、変わったことをいたします。

これがモットーです。
具体的には、最初の数回は、お子さんの受容度(歯医者さんをどこまで受け入れてくれるか)に合わせてやっていきます。

イスにお母さんと座れたらOKの子もいれば、診療室に入れたらOKの子、最初からお口の中を見せてくれる子まで色々です。年齢や性別、性格や兄弟姉妹の有無など、様々な環境があるので、達成度や受容度、慣れるスピードに差があるのは当たり前です。

ですから保護者の皆さん、来院するお手数がかかりますが、お子さんのペースに合わせてあげてください。中には治療に入れるまで、10回近くかかる子もいます。ですが、みんな最後にはきちんと一人でイスに座り、お口を開けて治療させてくれるようになります。

自分の中で、歯医者さんを納得して受け入れてくれたお子さんは、定期的に楽しんで来院してくれるので、非常にむし歯になりにくくなります。

当クリニックが考えるゴールは、『永久歯が生えそろう前に、いかにむし歯になりにくいお口の環境を作ってあげられるか』なのです。

長い目で見てあげて、お子さんにとって一番になることを、一緒に頑張っていきましょう!

歯医者嫌いの子も大丈夫!痛くない!怖くない!

無痛小児歯科

当クリニックでは、光を使ったむし歯探知機を用いて、むし歯の進行度を診断しております。

検診などでよくある悩みとして、「むし歯と言われたけど、本当にむし歯なの?」「目でさっと見ただけで本当にわかるの?」という声をよく聞きます。

目で見る視診には限界があるのですが、実際に器具などを使ってむし歯の進行度を調べると、逆にむし歯を悪化させてしまうことがあるのです。

そこで当クリニックでは正確にむし歯の進行度を調べることができる機械を用いております。この機械のすごい点は、削らないでいいむし歯を見分けることができるのです!

むし歯にも進行状態で色々と種類があります。初期むし歯COと呼ばれる状態であれば、予防処置で進行を抑えるだけで大丈夫。それより進行したむし歯でも、状態によっては特殊なお薬を塗るだけで、大丈夫なのです。

昔はなんでもかんでも削る時代でした。実は子供の歯(乳歯)はとても薄いのです。削るとすぐに神経まで穴が開いてしまい、痛い思いをさせることになってしまいます。いかに削らないで治すかが、いかに痛くないかにつながるのです。

無痛小児歯科について

当クリニックでは、普通であれば削る必要があるむし歯でも、削らずに治す方法『無痛小児歯科』を行っています。

特殊なお薬などを用いて、できるだけ削らずに詰めて治してしまいます。ほとんどの場合、麻酔の注射も必要ありません。

子供たちにとって、痛くなく、削らないので苦痛になりません。素晴らしい治療法ではあるのですが、一つだけご了承いただくことがあります。

それは、“削らないので、取れやすい”ということです。削れば取れにくくできるのですが、削ってしまうと、乳歯は高い確率で歯髄炎(神経の痛み)を起こします。

お手数ではありますが、取れた場合は、詰め直しをしますので、再度来院ください。

親からの最高のプレゼントをしませんか?

当クリニックでは、最終的に“永久歯が生え揃った時に、むし歯になりにくいお口の環境を作る”事を目標としています。逆に言えば、それほど乳歯を重要視していません。いずれは生え換わる歯であり、何十年も使う永久歯とは重要度が比べものになりません。

何十年も健康に使える永久歯列をプレゼントすることは、親からの最高のプレゼントだと考えています。

詰め物が取れて、何度も来院いただくことは、保護者の方にとっては大変な負担です。しかし、乳歯の時期に、多く歯医者に通った子供ほど、永久歯になってからむし歯が少ないというデータがあります。

少しでも子供たちにいい口腔衛生習慣、環境を作るため、ご理解の程をお願いいたします。

健康な歯並びは最高のむし歯予防!小児からの口腔育成矯正

目立たないマウスピース矯正

健康な歯並びは見た目がいいだけではありません。 正しい噛み合わせは、むし歯や歯周病のリスクを減らします。

それだけではなく、正しい噛み合わせにより、アレルギーや鼻疾患の予防、内臓疾患の予防にもつながるのです。

それでは具体的な当クリニックの矯正治療の考え方をご紹介します。

小児の矯正治療(前半と後半の2ステージ)

前半のステージでは、まず歯が並ぶために必要なスペースを確保します。つまり、顎骨を広げていきます。

子供の骨はどんどん成長していくので、負担なく骨を大きく広くすることができます。広くしても、顔が大きくなったりはしません。むしろ鼻を高くする方向へひろげます。

この時に使用する装置はリンガルアーチや拡大床装置です。そして十分歯が並ぶスペースを作り、第一ステージは完成です。

後半のステージでは、歯の位置を理想的なポジションに並べていきます。

歯はスペースさえあれば、簡単に移動して理想的な位置に並べることができます。この時に使う装置は、皆さんがよく矯正と言われてイメージするマルチブラケット装置(ワイヤー)です。

拡大床装置

マルチブラケット装置(ワイヤー)

小児・成人のマウスピース矯正

見た目の問題から、よくあるワイヤーの矯正はできないという人が多いと思います。

特に成人の場合、お仕事の都合など、社会的な問題から矯正したけど踏み出せないという方が多いのが現状です。また、あの装置がずっと入っているのが不快だという方もいらっしゃると思います。そういった悩みを解決したのが、マウスピース矯正です。

このマウスピースを一日の決められた時間に装着していくだけで、歯が理想的な位置へと動いていくのです。

透明で目立たないだけでなく、決められた時間以外は外しておけるという、大変快適な矯正装置なのです。歯並びに悩みがある方は、ぜひお問い合わせください。

マルチブラケット装置(ワイヤー)

キシリトールとリカルデント(CPP-ACP)を使った小児の新むし歯予防

『パーフェクトむし歯予防法』(フッ素なしも可能)

保護者の皆さん、お子さんのむし歯予防と言えば真っ先に何を思い浮かべますか?きっと『フッ素』だと思います。

最近は育児書や、インターネットでの育児情報がたくさんあり、教育熱心な保護者の方が増えています。特に保護者の方へのむし歯予防の意識は大変高いものがあります。

そこで巷ではむし歯予防に効果があるフッ素を使った製品が、大人気です。厚生労働省もフッ素の使用を推奨しており、1歳半検診などでフッ素塗布している所もあります。ですがフッ素を使ってほしくない保護者もいらっしゃいますよね。

さて、それではフッ素以外のむし歯予防法を知っていますか?「砂糖を取らないようにする、歯磨きを上手にする…他にはなんだろう?」そうなんです。意外とフッ素以外のむし歯予防法はあまり知られていないのです。

そもそもむし歯は五つの要因から成り立っています。

この中でフッ化物は②に関係する予防です。そして今の日本で行われる予防と言えば、①②に関するものばかりです。理想は①~⑤に対して全て予防するべきなのです。

当院では、全てに対応した安全かつ楽しいオリジナル予防法を提供しております。それが『パーフェクトむし歯予防法』です。

キシリトールについて

子供たちに大好評のむし歯予防法のメインとなるのが『キシリトールとリカルデント(CPP-ACP)』です。

キシリトールは自然界に存在するヒトに安全な食べ物です。FAO(国際食料農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同規格委員会で「一日の許容摂取量を限定せず」という最も安全性の高い食品カテゴリーとして評価されています。キシリトールは、私たちに身近な野菜や果物(イチゴやカリフラワーなど)にも含まれているんですよ。

口の中のむし歯菌は、食べ物の糖分をえさにして、歯を溶かす酸を出します。キシリトールはむし歯菌のえさにはならない糖分なので、むし歯菌は酸を作ることができません。キシリトールを習慣的に使うことで、口の中がむし歯菌の居心地の悪い環境になり、むし歯菌は減っていき、むし歯になりにくい菌が増えていきます。つまりむし歯になりにくい環境になるのです。

リカルデントについて

リカルデントはメルボルン大学で開発されました。この商品名のガムが市販されているので、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。これは、牛乳から作られた『カゼインホスホペプチド(CPP)と非結晶性リン酸カルシウムの複合体』です。なんだか難しそうな感じですが、お口の中での働きは簡単です。

① むし歯菌により、歯から溶け出したミネラル(カルシウムやリン)を元に戻し、歯を元の状態に近づけるミネラルパック効果

② むし歯菌により、酸性になった(歯が溶けやすくなった)お口の中を中性に戻してくれる緩衝材

イメージで言うと、フッ素は“弱くなった歯の表面を改造して、強くする”、リカルデントは“歯の表面から溶け出したものを戻し、補強する”といった感じでしょうか?

当クリニックのむし歯予防への取り組み

当クリニックではこのリカルデント(CPP-ACP)をたっぷりと含んだ、MIペーストという、歯磨きペーストを用いて、歯のお掃除&ミネラルパックを行っています。
http://www.mi21.net/mi/closeup/MI_p/ 『MIペーストの販売元:GC社のHP』

などなど、保護者の方も、子供たちも楽しみながらむし歯予防に取り組めるオリジナル予防プラグラムを用意しております。

是非一度お問い合わせくださいね♪